気功健康セミナー&ヒーリングステージ
  「気は未来を開く」



stage


2005年


ヒーリングステージ2005
「気は未来を開く」

「心とからだの研究会」設立25周年、
じゆう工房開設10周年。
より楽しく、有意義なステージを目指します
日 時:11月6日(日)13:30開場/14:00開演
会 場:藤沢市湘南台市民シアター
入場料:2,000円(前売り1,800円)

今年も65歳以上の方と高校生以下は
先着200名様まで無料ご招待

2005年の講演は当会名誉顧問帯津良一先生でした。


講師のご紹介
stage1
帯津 良一先生
  1936年埼玉県生まれ。東京大学医学部卒業。東大病院第三外科医局長、都立駒込病院外科医長を経て、1982年帯津三敬病院を開設、現在名誉院長。日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会理事長。調和道協会会長。
  2004年春、東京池袋に統合医学の拠点、帯津三敬塾クリニックを開設。著書に「気功的人間になりませんか」(風雲舎)「どんなガンでもあきらめない」(晶文社)「いい場を創ろう」(風雲舎)など多数。

stage20stage21 stage14
stage27

stage15



2004年


ヒーリングステージ2004
「気は未来を開く」

◆日時:2004年10月17日(日)13:30開場/14:00開演◆

◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆

◆講演者:渥美 和彦氏(東京大学名誉教授)◆

講師プロフィール 

stage24

日本代替・相補・伝統医療連合会議 理事長
日本統合医療学会代表
東京大学名誉教授

プロフィール
1928年大阪生まれ。東京大学医学部卒。
  同大学医学部付属病院木本外科で人工臓器や医用工学の研究を始める。 その後、同大学医用電子研究施設の助教授、教授、施設長を歴任し、平成元年退官。
  退官後は、鈴鹿医療科学大学学長、日本学術会議会員、同会議第7部長を経て、「日本代替・相補・伝統医療連合会議」(JACT)を設立。現在、同会議理事長。
  朝日学術奨励賞(65)、日本医科科器械学会著述賞(82)、アメリカレーザー医学会賞(83)などを受賞。

  編著書に『人工臓器』(岩波書店)、『医学これからこうなる』(集英社)、『バイオメーション』(清流出版)、『統合医療への道』(春秋社)、『代替医療のすすめ』(日本医療企画)、『自分を守る患者学』(PHP研究所)など多数。

stage16 stage16 stage17
stage18stage19
stage20stage21
  特別に友情表演していただきました張明亮老師
stage22





2003


ヒーリングステージ2003
「気は未来を開く」

◆日時:2003年10月12日(日)13:30開場/14:00開演◆

◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆

◆講演者:村上和雄氏(筑波大学名誉教授)◆

◆入場料:2000円(全席指定)◆
※65歳以上の方と高校生以下の方、先着200名様無料ご招待


講師プロフィール  村上和雄(むらかみ かずお)
stage35 stage2



1936年生まれ。筑波大学名誉教授。(財)国際科学振興財団理事。

   京都大学大学院博士課程修了。1996年日本学士院賞受賞。
遺伝子工学の分野で世界をリードしている科学者。
1983年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、
一躍世界的な業績として注目を集める。現在ノーベル賞の有力な候補と注目されている。
最先端の遺伝子工学の研究から、想像をはるかにこえる人間のもつ偉大な可能性
・・・「眠れる遺伝子の目覚めさせ方・考え方」を解き明かす。
科学の世界に身を置きながら、学問分野の境界を超えた教育者として、
哲学、宗教、宇宙観をも包み込む独自の世界観で人類の未来を語る。

著書に『生命の暗号』『人生の暗号』『「幸福の暗号』「『科学は常識破りが面白い』
『サムシンググレート』『バイオテクノロジー』など多数。
共著に『脳+心+遺伝子・サムシンググレート』、などがある。
最新刊は講談社+α新書「生命のバカ力」



stage3 stage4
stage5





2002


ヒーリングステージ2002
「気は未来を開く」

◆日時:2002年10月6日(日)13:30開場/14:00開演◆

◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆

◆講演者:養老孟司氏(東京大学名誉教授)◆

◆ 入場料:2000円(全席指定) ◆


講師プロフィール  養老孟司(ようろうたけし)
stage43 stage6

1937年(昭和12年)11月11日、神奈川県鎌倉市生まれ。
東京大学名誉教授。北里大学教育センター教授。

東京大学医学部卒、同大博士課程修了。医学博士。専攻は解剖学。
子供の頃から昆虫や動物に興味を持ち、東大時代には「心」に関心を寄せて、
精神科医をめざすがクジに外れ「身体」を扱う解剖学を専攻。
標本作りなどデータを集積する基礎的研究の一方で、
「脳」の研究においても第一人者として知られている。
「ヒトの見方」「脳に映る現代」「唯脳論」「涼しい脳味噌」などその方面の著書多数。
89年「からだの見方」でサントリー学芸賞を受ける。
近年は科学的領域にとどまらず、文学方面にも活動の幅を広げている。
また、少年の頃からの昆虫好きは今も変わらず、とりわけ甲虫への思いは熱い。
日本文芸家協会会員。鎌倉市在住





stage6 stage8
stage8 stage11





2001




ヒーリングステージ2001
「気は未来を開く」

◆日時:2001年10月20日(土)13:30開場/14:00開演◆

◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆

◆ 講演者:佐治晴夫氏(宮城大学教授)◆

◆入場料:2000円(全席指定)◆


講師プロフィール  佐治晴夫(さじはるお)


stage22

1935年、東京生まれ。理学博士、宮城大学教授。
(財)日本数学検定協会理事。
(財)日本宇宙少年団理事

立教大学、東京大学で基礎数学、理論物理学を学び、
東京大学物性研究所、玉川大学教授などを経て現職。
無からの宇宙創生の理論“ゆらぎ理論”などで広く知られるが、
科学と芸術との学際的新分野“数理芸術学”を提唱し、
理系、文系の枠を越えた全人教育としての
Liberal Arts Educationにも力を注いでいる。
天文台で昼間の星を見せ、金子みすゞの童謡の朗読や
パイプオルガンの演奏などで始まるユニークな宇宙論講義は
学内外からの聴講者でいつもいっぱいになっている。
「宇宙の不思議」・「ゆらぎ」の不思議な物語・
「宇宙の風に聴く−君たちは星のかけらだよ」
などの著書は宇宙のささやきを伝えてくれる。





stage21 stage22
stage31 stage4





2000


心とからだの研究会20周年記念

ヒーリングステージ2000
「気は未来を開く」

◆日時:2000年11月19日(日)13:30開場/14:00開演

◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆

◆ 講演者:天外伺朗氏◆
(マハーサマーディ研究会代表)

◆入場料:2000円(全席指定)◆



講師プロフィール  天外伺朗(てんげしろう)


stage44 <

1942年、兵庫生まれ。
大学で電子工学を専攻したのち、大手企業の研究所で先端技術の開発に携わり
フィリップス社と組んでCDの共同開発する。
ワークステーションNEWS、エンターテイメントロボット「AIBO」の生みの親。
科学技術評論、人材開発論にも健筆を振るう。
主著に、『「あの世」の科学、「この世」の科学』、『般若心経の科学』、
『宇宙の根っこにつながる瞑想法』など。
瞑想をたしなみ、ジャズとケーナを愛すトップ・サイエンティストで
西洋科学と東洋哲学を結びつけ、
「この世」以外に「あの世」が存在するとを確認して、
その概念規定を作りだす。
1997年、「理想的な死に方を求め、輝かしい生を取り戻す」ことを目的として、
「マハーサマーディ研究会」を設立。



stage43 stage44



1999


ヒーリングステージ1999
「気は未来を開く」

◆日時:1999年10月10日(日)13:30開場/14:00開演
◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆
◆ 講演者:外山美恵子◆
(心とからだの研究会主宰)


stage45
テーマ:「元気になれる呼吸法」

stage55 stage56
stage57



1998


ヒーリングステージ1998
「気は未来を開く」

◆日時:1998年11月23日(月・祝)13:30開場/14:00開演◆
◆会場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター◆
◆ 講演者:外山美恵子◆
(心とからだの研究会主宰)


stage66

テーマ:「心の気功を大切に」
stage71 stage76
stage77 stage78





〒251-0055
藤沢市南藤沢8-1-A202
ホリスティックヘルススクールじゆう工房
TEL0466-23-1736/FAX0466-50-7752